​私たちの教会

おゆみ野キリスト教会は、おゆみ野チャペル・誉田チャペル・土気チャペルの3つの場所に分かれています。毎週日曜日にぞれぞれのチャペルに集まって礼拝をし、また平日には英会話や、ゴスペルクワイアー、少人数で聖書について学ぶスモールグループなど、さまざまな活動をさかんに行っています。

キリスト教について興味がある方、教会に行ってみたいという方、どなたでもぜひ気軽に来てください!ともに聖書のみことばについて

私たちの信仰

おゆみ野キリスト教会は日本長老教会に所属している教会です。日本長老教会は、プロテスタントの教会であり、旧新約聖書に基づき、イエス・キリストの福音を立証し、宣教する教会です。日本長老教会の聖書の理解は「ウエストミンスター信仰基準」にまとめてあり、その信仰基準に準じて福音を分かち合っています。この信仰基準は教会が約2000年にわたって信じ続けている「使徒信条」を土台にし、16世紀の「宗教改革」の改革主義神学を受け入れつつ、イエスキリストの「福音」を中心とする信仰基準です。

おゆみ野キリスト教会の歴史

“千葉に宣教師を送ってください!”という、日本の長老教会の牧師先生らの声がアメリカに届き、アイバーソン夫妻が日本に降り立ったのは1990年12月6日のことでした。

牧師の家に生まれ、家には年中いろいろな人が身を寄せ、惜しみなく人々のため奔走する両親の姿を見て育ちました。大学時代にはキリストのために働く決心をし卒業後、海兵隊に入隊、士官として働いた後、キャロル夫人と結婚して改革神学校(Reformed Theological Seminary)に進み、日本人の級友との関わりを通して、日本の宣教へと導かれました。

来日して語学習得期間中に、片言の日本語で県庁に行き”これから人口が増える土地を教えて下さい”と訊ねて示されたのが、『おゆみ野』という地。当時まだ山を切り崩したばかりで、見渡すばかりの造成地に、教会が建ちました。師と共に遣わされた宣教師チームは、そこで英会話の先生として教会の礎を築きます。

今やジョークをちりばめながら、自在な日本語で説教をし、2018年におゆみ野教会での働きを終えた今でも、日本人の魂の救いのため大きなビジョンを掲げて、エネルギッシュに教会開拓に邁進しています。

一方、夫として、9人の子どもの父として仕える姿は、キリスト教界に限らず、これまで数多くの日本人に真の“家庭”のあり方について励まし続けています。

 

​おゆみ野チャペル

〒266-0031 千葉市緑区おゆみ野4-34-7

TEL:043-292-0015 FAX:043-292-4030

誉田チャペル

〒266-0005 千葉市緑区誉田町2-2-126

TEL:043-292-1176

Email:oyuminochurch@gmail.com

土気チャペル

〒267-0067 千葉県千葉市緑区あすみが丘東 5-17-3

TEL:043-294-1009 FAX:043-294-1009